ブログトップ

ふんわり桜色

無花果の甘露煮。今年も、この季節になりました。

久し振りに、「業務スーパー」に行きました。
なんと、もうこの季節になったのですねぇ~~😆😆😆。
私の大好きな「無花果」が有りました。1㎏で¥680が高いか安いかわかりませんが、Y・Bさんでは1㎏¥980だったので、「まっ、良いか」という感じです😁😁😁。
無花果の甘露煮作ります。
しっかり水洗いしてへたを切っていきます。
f0353168_09474796.jpg

少しお水を入れて、洗った無花果をすべて鍋に入れます。<
f0353168_09491014.jpg
br>
最初は強火でグツグツ、蓋をして無花果からお水があがってきたら、火を中火にしていきます。
f0353168_09512580.jpg
<
f0353168_09515047.jpg
br>
ひたすらグツグツ、様子を見ながら、あとはしばらくそのままグツグツ。<
f0353168_09534141.jpg
br>
そのお鍋にもよりますが、うちにあるお鍋は弱火で蓋をして煮込むタイプなので、そのままグツグツ。
無花果の良い香りがしてくるので、それが合図❗❗❗<
f0353168_09562912.jpg
br>
色が緑色から、茶色くなって、水分が無くなってきた状態です。
その状態になり、初めてお砂糖を入れます。私は三温糖を使います。最初は1㎏の3/1くらいを入れます。 
いきなり、一袋はいれません。お砂糖と水分が少しづつ馴染んで、味見をしながらお砂糖を加えていきます。
f0353168_10100686.jpg


このように飴色に変わりましたら、完成です。最終の味見をして、もう少し甘い方が良い場合は、お砂糖を足すなり、私は蜂蜜を適量いれました。<
f0353168_10112565.jpg
br>
珈琲の空き瓶、マヨネーズ、ジャムなどの空き瓶をシッカリ熱湯消毒して、瓶詰めしました。
瓶が熱いうちに、まだ冷めきらない、無花果詰めております。
これが正しいかは、わかりませんが、一晩軽く蓋をして、自然に冷めるのを待ち、冷蔵庫に保管します。
無花果を詰めた後、最後に美味しい、無花果のシロップ(煮汁)を瓶に詰めてあります。このシロップがめちゃめちゃ美味しいのですので、捨てないで下さいませねぇ~~✨✨✨。


[PR]
by mainitiga-3939 | 2016-09-07 09:51